本当は知らないそばかすのすべて

そばかすができる原因・毎日の対策法

淡い褐色の色素沈着の斑点が、頬や鼻、目元まわりに表れたものがそばかすです。遺伝によってできた先天的なそばかすは、幼児期から出始め、思春期頃が一番目立ち、その後は次第に薄れていくことが多いです。日本人や白色の欧米人では、色白の人にできることが多いと考えられています。大人になってできる後天的なそばかすは、自然に消えることはほぼないといわれます。紫外線を浴びると濃くなったり増えやすくなりますから、一年のうちで紫外線の量が非常に多い3月あたりから9月くらいまでは特に、日頃から紫外線対策を万全に行いましょう。ですが、強い日焼け止めを使用すると皮膚への刺激が大きくなりますから、普段の使用にはSPF10~20、PA+~++程度のものが良いでしょう。日差しが強くない日は、日焼け止め効果のあるファンデーションや化粧下地などで紫外線を防ぐことをおすすめします。

普段の生活の中でできる予防法・対処法

普段の生活でできるそばかすの予防法として、紫外線から皮膚を保護する働きを持つLーシステイン、ビタミンAやC、E、ポリフェノールなどが含まれた食べ物を摂取することも効果的です。トマトやかぼちゃなどの緑黄色野菜、にんにくや玉ねぎなどを日頃から食べましょう。日焼けしないことが大切ですが、もし日焼けをしてしまった場合は、日焼けした部分を氷などですぐ冷やして対処しましょう。また、皮膚を形成するコラーゲンの生成に欠かせないタンパク質やビタミンC、血行を促進する作用のあるビタミンE、 皮膚の新陳代謝を促すLーシステイン、皮膚の再生を助けるビタミンB2、B6などが配合されたビタミン剤を使用することで体の内側から対処する方法もあります。