ママさん必見!!幼少時に現れるそばかすの処置の仕方

まずは正しい知識を身に付けよう!!

そばかすは、幼少期から思春期にかけて、両頬や鼻に現れる色素はんのことをさしています。これらは早いと3歳ごろから目立ち始め、思春期には最も濃くなると言われています。
そばかすの原因は、紫外線によるものと遺伝的な要素が大きいようです。特に子供の場合、そばかすのできやすい体質を親から受け継いでいる場合が少なくありません。この場合、ほかの子供と同じ程度の紫外線を浴びるだけで、より多くのそばかすができてしまうことになります。
ですがほとんどの場合、それらの色素はんは思春期を境に薄くなっていく傾向があり、自然に消えていくものもあります。お子さんのそばかすに気づいたら、慌てずに正しいケアでお子さんの肌を守ってあげましょう。

正しいケアを心がけましょう!!

幼少期のそばかす対策は、大人のための対策とは多少異なります。原因が遺伝性の場合が多いため、大人用の化粧水や、SPFの高い日焼け止めなどはあまり効果が期待できません。むしろそれらを利用することで、肌に刺激を与えてしまい、逆効果になってしまうことさえあります。
お子さんの肌を守るためには、まず肌への刺激が少ない日焼け止めや帽子を使うこと、またビタミンを補う食事を心がけましょう。ビタミンCやビタミンE、セラミドやリコピンといった栄養素はそばかすの生成を抑え、肌のターンオーバーを助けるとされています。それらをバランスよく食事に取り入れることで、体質の改善も期待でき、そばかすを目立たなくしてあげることができるでしょう。